【ボンネット】485系特急有明号のヘッドマーク

スポンサーリンク
485系特急有明号のボンネット型ヘッドマーク ボンネット型
485系特急有明号のボンネット型HM

有明海の干潟を描いたのが特急有明号のヘッドマーク。穏やかな雰囲気が漂っている。このマークで興味深いのは紺色と白の配色がボンネット型・標準型・583系タイプですべて異なっているところ。ぜひ見比べてもらいたい。

⇒ 文字マーク時代の特急有明号HMはこちら

485系特急有明号のボンネット型ヘッドマーク

485系特急有明号のボンネット型HM

【HM登場】1985年3月14日
【HM引退】1991年3月15日と思われる
(ボンネット型が定期有明から引退)
【HM使用期間】6年0カ月

補足: ボンネット型が定期運用を離脱したのが1991年3月、そしてそれ以降の代走運用もあったようだがその時は黒地に「REありあけ」と表記したボンネット型が使われたとの情報がある。

愛称別トレイン・データ館特急有明号のデータファイル

特急有明号ヘッドマーク事典

タイトルとURLをコピーしました