【九州JR】特急シーボルト号のヘッドマーク

スポンサーリンク
特急(JR化後・九州)
特急シーボルト号のヘッドマーク

キハ183系1000番代を使用して運転された特急シーボルト号のヘッドマーク。だが、有名な医学博士のシーボルトさんのフルネーム、「PHILIPP FRANZ VON SIEBOLD」という文字列が記載されており、列車名のヘッドマークという気があまりしない、不思議なヘッドマークだった。

定期列車であり、2往復走っていた。なお、1編成しかない同車両の点検などで走れないときはキハ185系が代走し、特急シーボルト81号(~84号)として走ったようだ。

特急シーボルト号のヘッドマーク

【HM登場】1999年3月13日
【HM引退】2003年3月14日
(翌日から)
【HM使用期間】4年

愛称別トレイン・データ館:計画中

計画中

タイトルとURLをコピーしました