【九州JR】特急ゆふいんの森キハ71系エンブレム

スポンサーリンク
キハ71ゆふいんの森HM 特急(JR化後・九州)

JR九州発足2年目の終わりに近い1989年3月に、観光特急を推し進める方針のトップバッターとして登場。D&S列車(デザイン&ストーリー)というジャンル名が示す通り、単なる移動手段としてでなく「列車と観光地を含む旅全体を一つの物語にする」ような列車として絶大な人気を得てきた特急ゆふいんの森だ。キハ71系車両は国鉄時代からの車両の改造によって登場し、今なお現役である。エンブレムはキハ72系と共通に見えるが微妙に異なっている。

キハ71ゆふいんの森HM

【HM登場】1989年3月11日
【HM引退】 現役!
【HM使用期間】

愛称別トレインマーク事典特急ゆふいんの森号のページ

タイトルとURLをコピーしました