【583系HM】寝台特急彗星ヘッドマーク

スポンサーリンク
583系寝台特急彗星HM 583西日本・九州

新大阪~都城・宮崎などを結ぶブルートレイン(時期によって変化あり)として2005年まで活躍した寝台特急彗星号だが583系での活躍期間は長くはなく、1984年に終えている。

実際に目で見ることの少ない「天体」としての彗星は、ありがちなこととして「流れ星」と混同されてしまうことがあるようだが、このテールマーク(また583系タイプ)のイラストもそんな印象を与えてしまう。とはいえ、デザインとしては非常にバランスが良くて好印象な上、夜行列車のイメージにもぴったりでもある。

583系寝台特急彗星HM

【HM登場】1978年10月
【HM引退】1984年2月
【HM使用期間】5年4か月

愛称別トレインマーク事典:寝台特急彗星号のページ

タイトルとURLをコピーしました