lesson

【ステッカーの貼り方講座】●《1》カッティング・ステッカーのかすとり●

◆ 切り文字(カッティング)ステッカーを作りあげるには

  ● かすとり作業=カッティングしたステッカーの「不要部分」をはがす作業 

ステッカーシートをカッティングしても、それだけじゃどうしようもないですよね。
だから要らない部分を剥がして取り除きましょう

そうすると、実際にステッカーとして貼り付けたい切り文字(またはデザイン)の
部分だけがハクリ紙の上に残ります。

  ● かすとり作業の後はアプリ掛けして型崩れ防止 

カッティングしたステッカーを一文字一文字貼るようなことはしません。
アプリでかんたん貼り付けOK。それでまずはアプリ掛けをしましょう。

スポンサーリンク

◆ かすとり作業とアプリ掛け【作業の解説】

  ● かすとり作業のポイント 

 サンプルとして、弊社のマーキング用ステッカーをご用意しました。

-◆- 作業に必要なもの -◆-

・プラスチックのへらなど

・クラフトナイフ

  かすとり作業で大切なことは何でしょう?
それはまず、「慎重さ」です。

ステッカーとして残したい(必要な)部分がしっかり残るようにするには、カス(不要部分)を剥がす際に一緒にはがれてしまわないようにヘラなどで押さえながら剥がすことが大切です。

角ばった切り文字なら角の部分からはがすために角を押さえます。

切り文字ステッカーのかすとり

 コツは、カスを剥がしていく向きを横方向や縦方向に交互に変えながら進むことです。

特に、左の写真の「G」や「H」のように文字の内部にスッと切れ込むようなカスがある場合は、そこまでしっかり取り除けるような向きで剥がすことを心掛けていきましょう。

その際には、「押さえ」に使っていたヘラを、カスを浮かせて剥がすような仕方で使うと便利です。

ステッカーのかすとり作業2

 慣れないうちは、カスをあまり長くつなげないでこまめに切り取りましょう。そうすれば押さえにも集中しながら進めて行くことができます。

やがて慣れてくれば、「押さえ」にヘラでなく「クラフトナイフ」を使えるようになってきます。力を加減しないとステッカーに傷がついてしまうので注意しながら・・・。

 

かすとり作業3

 最後まで丁寧にはがせたら切り文字ステッカーの出来上がりです。

今回は初心者向けに1行だけの写真でご説明しましたが、基本的には何行でも同じです。ただ、行ごとにカッターで軽く切れ目を入れると断然作業がしやすくなります。(下のハクリ紙まで切ってしまわないように!)

 ◆ 次は、切り文字(カッティング)の【アプリ掛け】 

 

 切り文字ステッカーは、一文字一文字、手で剥がして貼るわけではありません。

【アプリ掛け】をすれば簡単・綺麗に貼れるんです!

というわけで・・・

 次の教室は【アプリ掛け作業】です。

1】かすとり ⇒ 2】アプリ掛け⇒ 3】下地処理⇒ 4】位置決め⇒ 5】貼り付け

⇒ WEB講座メニュー案内に戻る

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【ステッカーの貼り方講座】●《3》●下地処理作業●
  2. 【ステッカーの貼り方講座】●《2》アプリ(アプリケーションシート…
  3. 【ステッカーの貼り方講座】●《4》貼る位置を合わせる●
  4. 【ステッカーの貼り方講座】●《5》いよいよステッカーを貼る!●
  5. 【ステッカーの貼り方講座】●《無料WEB講座メニュー案内》●

おすすめ記事

  1. 鉄道趣味のデザイン表札◆ご紹介総合ページ★【HRW】
  2. お問合せ・ご注文◆方法別に解説します★【HQOD】
  3. 【料金表】プチ・アメリカン★ウェルカムボード
  4. 【料金表】プチ・アメリカンな表札
  5. フリーウェイ・ナンバープレートの表札のベースにチェック柄 FW01-check-skr
  6. アメリカン・テイストの表札◆道路案内標識風(1段式)★【US31】
  7. アメリカン・テイストの表札◆道路案内標識風★【US51】
  8. フリーウェイのルートナンバープレート風の表札★【HFW01】
  9. あのROUTE66標識をベースにしたデザイン表札【HR66】
  10. ◆ナンバープレート型表札★ケンタッキー【HNKT】
PAGE TOP